• 子どもたちの本気の笑顔を応援します

PTA会長ポストへ川崎市市民ミュージアムからオンライン展覧会開催のお知らせチラシが届いておりましたので情報共有させていただきます。詳細は以下のとおりです。

 

川崎市市民ミュージアムは、当館Webサイト内「the 3rd Area of “C” -3つめのミュージアム-」にて、オンラインによる3つの展覧会を、令和4年12月20日(火)より順次開催します。
当館の収蔵品や川崎市ゆかりの作家の作品、川崎市の歴史などについて、事前申込不要、無料で御覧いただけます。

1 「kanōn 原美樹子」
【会期】令和4年12月20日(火)午前10時から令和5年3月31日(金)午後3時まで
中原区在住の写真家、原美樹子は、以前から自身が日常生活のなかで出会った風景を撮影し、写真作品として発表してきました。古いフィルムカメラを使用して、多くをノーファインダーで撮影を行うという、その撮影のスタイルが特徴です。本展では令和3年春から秋にかけて当館を写した22点の撮り下ろし作品を公開します。

2 「Cheer! Cheer! Hurray! 川崎のスポーツ史展」
【会期】令和5年1月11日(水)午前10時から令和5年3月31日(金)午後3時まで
本展では、明治以降の学校教育や青年団によるスポーツ発展の歴史から始まり、主にかつての川崎球場と等々力緑地を中心に川崎市とスポーツのつながりを紹介。
また、市内に拠点を置くトップチームの成り立ちや活躍についてのほか、川崎市が英国代表チームの事前キャンプを受け入れ、聖火リレートーチが当館に収蔵されていることでも深く関わりのあった東京2020オリンピック・パラリンピックについてなど、約50点の資料画像と共に解説します。

3 「あっけなく明快な絵画と彫刻、続いているわからない絵画と彫刻」
【会期】令和5年3月1日(水)午前10時から令和5年3月31日(金)午後3時まで
《あっけない絵画、明快な彫刻》シリーズは、近藤恵介と冨井大裕、作家二人によって平成22年(2010年)に制作された作品です。平成28年(2016年)に作品7点が当館に寄贈されましたが、令和元年東日本台風によって残念ながら7点すべてが被災しました。本展では、被災した作品の新たな完成を公開するほか、作家二人による新作も御覧いただけます。

報道発表資料

online-chirashi