• 子どもたちの本気の笑顔を応援します

川崎市立上丸子小学校保護者と教職員の会規約

 

  • 名称

第1条 本会は、川崎市立上丸子小学校保護者と教職員の会(PTA)とし、事務局を同校に置

く。

PTA名称の略称        川崎市立上丸子小学校PTA

所在地      〒211-0001 川崎市中原区上丸子八幡町815

設立年月日        昭和22年4月30日

 

  • 目的

第2条 本会は保護者と教師が協力して、家庭と学校と社会における児童の福祉を増進することを目的とする。

 

  • 活動

第3条 本会は前条の目的を達成するために次の活動をする。

1 会員相互の教養を高め、親睦を深める。

2 家庭と学校の緊密な連絡によって、児童の生活を指導する。

3 学校の教育的環境の整備を図り、児童の教育に協力する。

4 児童の福祉に関する法律及び教育のために努力する。

5 その他、目的達成のために努力する。

 

  • 方針

第4条 本会は教育を本旨とする民主団体として活動する。

1 児童の教育ならびに福祉のために活動するほかの団体及び機関と協力する。

2 特定の政党や宗教に偏ることなく、また、営利を目的とする行事は行わない。

3 学校の人事及び管理には一切干渉しない。

 

  • 会員

第5条 本会の会員は、児童の父母又はそれに代わる保護者(以下、合わせて保護者という)と

教職員とし、すべて平等の義務と権利を有する。

 

  • 会計

第6条 本会の会員は、1児童に付き、月額350円の会費を納入しなければならない。

第7条 本会の経理は、会費及び事業収入または自発的な寄付をもってあてる。

  • 本会の経理は、総会の決定した予算に基づいて執行し、決算は会計監査を経て総会に報

告され承認を得るものとする。

第9条 本会会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

 

 

 

 

 

第7章 役員及び役員の任務

第10条 本会の役員は次の通りである

1 会長    1名 保護者

2 副会長          2名以上 保護者

3 会計    2名 保護者

4 書記    5名 保護者3、教職員2

5 会計監査         2名 保護者

第11条 任務

1 会長は本会を代表し、会務を統括すると共に、総会、役員会、運営委員会、実行委員会を招集する。

2 副会長は会長を補佐し、会長不在の場合はその職務を代行する。

3 会計は金銭の収支を明確に記載し、会計監査委員の承認を得て決算報告を行う。

4 書記は諸会合の通知、議事の記録、文書の処理等にあたる。

5 会計監査委員は会計の決算報告に当たり会計を監査する。ただし、必要を認めた場合は随時これを行う。

 

第8章 役員候補者選考委員会

第12条 役員候補者を推薦するため選考委員会を置く。

第13条 選考委員会の構成と選出は、細則で定める。

 

第9章 総会

第14条 総会は全会員をもって構成され、本会の最高議決機関であり、次の事項は総会の承認

を得なければならない。

1 役員選出

2 年度事業計画

3 予算並びに決算

4 その他重要案件

第15条 総会は、定期総会及び臨時総会とする。

第16条 総会の議決権は、1家庭1票とする。

第17条 総会は、議決権者の1/3以上の出席(委任状を含む)をもって成立し、議決は、出

席者の過半数の同意によって決まる。

 

第10章 役員会

第18条 役員会は役員、学校教職員で構成し、原則として毎月1回開催する。

第19条 役員会の任務は次の通りとする。

1 本会の運営に関する基本的な事項を協議する。

2 運営委員会並びに総会に提案する事項を協議する。

3 その他役員会で必要と認めた事項を協議する。

 

 

第11章 運営委員会

第20条 運営委員会は、本会の最高執行機関であり、次の委員をもって構成し、原則として

毎月1回開催する。

1 役員(会計監査委員を除く)

2 広報委員会の正副委員長

3 成人教育委員会の正副委員長

4 校外委員会の正副委員長

5 地区委員会の正副委員長

6 地域教育会議委員

7 学年委員会の各学年委員長

第21条 運営委員会の任務は次の通りとする。

1 総会に提出する議案・報告書の作成及び総会運営に関する事項を審議する。

2 総会の議決事項を執行する。

3 各種委員会によって立案された事業計画を審議検討する。

4 特別委員会設置に関する事項を決定する。

5 その他運営上必要な事項を処理する。

 

第12章 実行委員会・特別委員会

第22条 実行委員会は次の通りである。

1 広報委員会

2 成人教育委員会

3 校外委員会

4 地区委員会

5 地域教育会議委員会

6 学年委員会

第23条 広報、成人教育、校外、地区、及び地域教育会議の各委員会は、本会の活動に必要な

事項について調査、研究、企画立案及び実行にあたる。

第24条 学年委員会は、学級相互の連絡をはかり、学年としての研修、その他の活動が効果的

に行われるように努める。

第25条 特別委員会は、特別な事項について運営委員会の決定により随時設けることができる。

第26条 各委員会の活動は、運営委員会の承認を得て実行に移される。

第27条 広報委員会・成人教育委員会・校外委員会・地区委員会・地域教育会議委員会及び

学年委員会の必要な事項は、細則で定める。

 

第13章 規約改正

第28条 本規約は、総会において出席者の2/3以上の賛成がなければ改正することができない。

 

 

 

 

 

 

第14章 附則

第29条 役員及び委員の任務は1年とし、再任を妨げない。

第30条 各委員会は、委員の1/2以上の出席がなければ成立しない。また、議決は、出席者

の過半数の同意によって決定する。

第31条 学校長は各委員会に出席して、意見を述べることができる。

第32条 本会の運営に必要な細則及び慶弔規定は、運営委員会の議決を経て定める。

第33条 細則及び慶弔規定を改廃した場合は、その結果を全会員に知らせなければならない。

 

昭和44年4月 1 日 一部改正   平成19年5月11日 一部改正

昭和48年4月26日 一部改正   平成21年5月15日 一部改正

昭和50年3月 6 日 一部改正   平成23年2月18日 一部改正

平成 8 年5月 7 日 一部改正     平成23年5月13日 一部改正

平成12年4月26日 一部改正   平成24年2月17日 一部改正

平成17年5月13日 一部改正   平成26年5月 9 日 一部改正

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細    則

 

第1章 役員の選出

第1条 役員の選出は次の方法による。

1 役員選考委員会は、役員を除く各委員会から選出された委員と教職員を

もって構成する。委員の構成(13名)は、以下とする。

成人教育委員会より1名

校外委員会より1名

広報委員会より2名

地区委員会より2名

学年委員会は各学年より1名の計6名

教職員より1名

2 選考委員長は選考委員の互選をもって選出する。

3 選考委員会の第1回の招集は会長が行い、それ以後は委員長が招集する。

第2条 役員に欠員が生じた場合は、運営委員会が選出し、承認する。

 

第2章 実行委員の選出

  • 成人教育委員、校外委員の選出は次の方法による。

1 学年より1名以上を選出する。

2 各実行委員の中で互選により、各正副委員長を選出する。

  • 広報委員の選出は次の方法による。

1 学年よりクラス数の人数を選出する。

2 委員の中で互選により、正副委員長を選出する。

  • 地区委員の選出は次の方法による。

1 各地区より2名以上を選出する。

2 委員の中で互選により、正副委員長を選出する。

  • 地域教育会議委員は第4学年、第5学年より2名を選出する。
  • 学年委員

1 各学級で選出した2名の学年委員と学年の教職員で構成する。

2 委員の中で互選により、各学年長、副を選出する。

3 各学年長の互選により、学年委員会の正副委員長を選出する。

第8条 実行委員に欠員が生じた場合は、各委員会で選出し運営委員会で承認する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3章 附則

第9条 総会の議案は、原則として総会開催日の5日前までに全会員に通知する。

第10条 総会の議長は、原則として運営委員があたる。

第11条 この細則は、昭和50年3月6日より実施する。

昭和53年12月21日 一部改正   平成21年 5月15日 一部改正

平成 8年 4月20日 一部改正   平成23年 2月18日 一部改正

平成 9年11月15日 一部改正   平成23年 5月13日 一部改正

平成12年 4月26日 一部改正

平成20年 5月14日 一部改正

 

慶弔規定

 

 

川崎市立上丸子小学校PTA

(総則)

第1条   本規定は,PTA規約第32条により会員ならびに児童の慶弔について定めるものである。

第2条  本規定の改正は、運営委員会の議決を経て決定する。

第3条   本規定の他、特別の場合が生じた時は、会長と学校長において協議し適切な処置をとることができる。

(餞別)

第4条   学校医の転退任に際しては,5,000円の餞別または記念品を贈り感謝の意を表す。

(慶意)

第5条   児童の入学・卒業に際しては記念品を贈る。

第6条   学校職員の結婚・出産に際しては5,000円を贈り慶意を表す。

(見舞い)

第7条   保護者及び学校職員罹災の際は状況により、会長・学校長が協議し見舞金を贈る。

第8条   児童が1週間以上の入院をした場合には、5,000円の見舞金を贈る。

第9条   学校職員の病気・事故の場合は、第8条に準ずる。

(弔意)

第10条 会員が死亡した場合には、香典5,000円及び生花を贈り弔意を表す。

第11条 児童が死亡した場合には、香典5,000円及び生花を贈るとともに、会長は会を代表し、

また学校長及び担任・該当学年委員は、学校・学級を代表して弔問会葬する。

第12条 運営委員・会計監査員と同居する父母及び子どもが死亡した場合には香典5、000円を贈

り弔意を表す。

第13条 学校職員の配偶者、父母及び子どもが死亡した場合には香典5,000円を贈り弔意を表す。

第14条 学校医が死亡した場合には、第12条に準ずる。

 

第15条 学校及び本会に特に功績のあったものの死亡に対しては、会長と学校長が協議した上で

決定する。

(附則)

第16条 返礼は一切受けないものとする。

第17条  学年または、学級単位での慶弔は行わない。ただし、有志での慶弔は除く。

第18条  この規定は、昭和53年12月1日より実施する。

 

平成 8 年4月20日 一部改正

平成 9 年4月22日 一部改正

平成10年4月18日 一部改正

平成19年5月11日 一部改正

平成20年5月14日 一部改正

平成21年5月15日 一部改正

平成23年2月 5日 一部改正

平成23年5月13日 一部改正